BauCart利用規約-インストール不要、設置不要の簡単導入!埋め込み型ショッピングカートASPサービス「BauCart(バウカート)」

HOME > BauCart利用規約

【重要なお知らせ】BauCartの新規登録受付は終了しました

BauCart利用規約

2010年05月20日 制定

2010年05月31日 改訂

2010年06月03日 改訂

2011年03月28日 改訂

第1条(本サービスの内容)
 BauCart(バウカート)(以下「本サービス」といいます。)は、登録したユーザの運営するホームページにショッピングカート機能を簡単に導入できるASPサービスです。
 (1)HTMLやJavaScriptの知識がなくても、簡単にショッピングカート機能を実装いただます。
 (2)既存ページへの埋め込み型のカートシステムですので、各ページはユーザー側で準備いただく必要があります。
 (3)本サービスはホームページ上にてフリートライアル手続きを完了した日から10日間無料にてお試し頂けます。
 (4)フリートライアル登録日から1ヶ月が経過しますと、使用できなくなります。
 (5)継続して本サービスをご利用になられる場合は、正式に利用申込手続きをしていただく必要があり、利用料金は別途定める料金表に準じます。
 (6)フリートライアルでお使いのID、パスワード及び各種設定は、利用申込後もそのままお使い頂けます。

第2条(規約の適用)
 この規約(以下「本規約」といいます)は、本サービスを希望するお申し込み者(以下「申込者」といいます)と、株式会社アクアライズ(以下「当社」といいます)の間に適用されます。

第3条(利用申し込み)
 申込者は、フリートライアル期間中に本規約をご承諾頂いた上で契約更新手続きをし、当社の指定する銀行口座へご利用料金を入金することで利用申込(契約)となります。
 当社は入金の確認後直ちに本サービスの利用期間の更新を行い、申込者宛に電子メールにてサービス開始通知を送信致します。
 なお、申込があった翌月1日を契約開始日とし、利用申込があった月の月末まではフリートライアルを延長して利用できるものとします。

第4条(契約の成立)
 本契約は、申込者からの前条に定める申込に対し、当社が電子メールにてサービス開始通知を送信したときに成立します。
 また、オプション変更については、申込者から指定された画面で変更申込をされ、当社が電子メールにてオプション変更受理通知を送信したときに成立します。
 なお、オプション追加の契約期間については本契約の期間と同じとなり、オプション追加申込をした月の1日から本契約期間満了日までの契約となります。
 ただし、既に利用していたオプションの利用を中止した場合は、申込者が変更申込をし自動配信メールが送信された時に変更申込を受理(成立)とします。

第5条(契約更新)
 申込者は、フリートライアル期間中もしくは既存契約期間中に契約更新手続きをし、当社の指定する銀行口座へご利用料金を入金することで契約更新となります。
 当社は入金の確認後直ちに本サービスの利用期間の更新を行い、申込者宛に電子メールにて契約更新手続き完了通知を送信致します。
 なお、契約更新後の利用期間は、フリートライアル終了日又は既存契約期間満了日の翌日より申込者が指定した月数となります。

第6条(利用料金・支払方法)
 1.利用料金は別途定める料金表に準じます。
 2.支払方法
  支払方法については、契約開始日までに当社の指定する銀行口座へ振込みして頂きます。
 3.各種手数料等
  銀行振込時の振込手数料は申込者の負担と致します。
 4.キャンペーンのある場合
  初期費用や利用料は、キャンペーンがある場合は、料金表に記載の料金ではなくキャンペーン料金を適用するものとします。
 5.オプション変更で新しく追加した際のオプション料金について
  ご利用中にオプション追加を行った場合、申込した月を含み残存する本契約月数に応じたオプション料金を一括してお支払い頂くことで追加申込完了とします。
 6.オプション変更で利用していたオプションを利用しなくなった際のオプション料金について
  ご利用中のオプションを利用しなくなった場合、既に当社が受け取ったオプション利用料はいかなる場合でも返還いたしません。

第7条(譲渡等の禁止)
 申込者は、本サービスの提供を受ける権利を譲渡したり、または譲渡しようとすることはできません。また、申込者自身のIDおよびパスワードを第三者に使用させることはできません。

第8条(中止)
 当社は、以下の場合には、本サービスの運営を中止中断することがあります。
  ①当社の本サービス用設備の保守・点検を実施する場合。
  ②天災、停電、戦争等の不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合。
  ③その他当社が本サービスの運営上一時的な中断が必要と判断した場合。
 当社は、前項の規定により本サービスの運営を中止中断するときは、あらかじめその旨中止予定日の1ヶ月前までに申込者に通知します。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
 なお、当社の都合で本サービスが利用できない期間の利用料金については、利用期間の延長又は返金等の対応を行いますが、判断については当社が行います。

第9条(自己責任の原則)
 当社は本サービスで入力されたデータの保存は善良な管理者としての注意をもって管理します。しかし、情報の入力、出力、出力した情報の利用につきましては、すべて申込者の責任において行ってください。当社は、情報の入力、出力、出力した情報の利用に関して申込者に発生した損害、損失、費用を補填すべき義務を負いません。
 なお、不可抗力により、データの保存、管理に支障が生じた場合にも、当社は申込者に発生した損害、損失、費用を補填すべき義務を負いません。

第10条(保証)
 当社は、本サービスの提供の状態、アクセス状況について常時チェックし、負荷分散等により安定化に努めますが、一時的なアクセス集中等により動作等が悪くなった場合等は保証いたしておりません。

第11条(解約等)
 ご利用期間満了の1ヶ月前までに、電子メールで当社より申込者に通知し、継続の意思表示のない場合において期間満了とともに自動的に解約となります。
 また、申込者より解約手続きが行われた場合、自動配信メールが送信された時点で解約となります。
 ただし、申込者が以下の行為を行った場合、当社は申込者に事前の通知することなく本サービスの提供を停止、解約または機能の制限をすることができるものとします。この場合、利用期間に関わらず利用料金の返還はいたしません。
 ①本規約ならびにその他のご利用規約に違反した場合
 ②法令に違反する行為をなした場合
 ③その他第三者の権利を害する行為を行うなど、当社がご利用を不適切と判断したとき
 なお、いかなる場合でも解約において既に当社が受け取ったご利用料金及びオプション利用料は返還いたしません。

第12条(削除)
 当社は、下記の場合、申込者のID、パスワードその他ユーザーに関連する情報および申込者が入力した情報(以下「ユーザー関連情報」といいます。)を削除することがあります。
 ①利用期間終了後、再契約がされなかったとき。
 ②ユーザー関連情報が更新され10年間を超えたとき。
 ③その他、ユーザー関連情報が他のユーザー関連情報を毀損する可能性があったり、本サービスの運用の妨げとなるウィルス等を含んでいると判断された場合。

第13条(情報の取扱)
 当社は、下記の場合を除き、ユーザー関連情報を第三者に開示しません。
 ①公衆の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合。
 ②裁判所、検察庁、警察、税務署またはこれに準じた権限を有する機関から開示請求があった場合。
 ③申込者がサーバに蓄積した情報等が本規約に違反している、またはそのおそれがある場合。
 申込者は、自己のID、パスワードを第三者に利用されないよう相当の措置を取るものとします。

第14条(通知方法)
 当社から申込者に対する通知は、本サービスのウェブサイトに通知すべき情報を記載することによって行います。
 前項の通知が不可能ないし著しく困難な事情がある場合、電子メールアドレスを登録している申込者に対して電子メールを発送した時に前項の通知があったものとみなします。

第15条(免責)
 サービスの中止または停止が当社の故意・重過失による場合を除いて、当社は免責されるものとします。

第16条(規約の変更)
 当社は、お客様の承諾を得ることなく利用規約を変更することがあります。また、経済事情の変動、(運営コストの上昇、同業他社の料金体系等)に鑑み、料金を変更することができるものとします。この場合、本サービスの利用条件は変更後の利用規約によるものとします。

第17条(準拠法)
 本利用規約は日本法に準拠して解釈されるものとします。

第18条(合意管轄)
 本利用規約に関して、当社と申込者の間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第1審の専属的合意所轄裁判所とします。